SSブログ
前の10件 | -

COVID-19病原体検査の指針(第1版)の情報 [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

一般社団法人日本感染症学会より情報です。


厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、日本感染症学会も作成協力いたしました「COVID-19病原体検査の指針(第1版)」の公開についてご案内いただきましたので、お知らせいたします。 併せて本指針の発出文書についても掲載されておりますので、ご覧ください。 COVID-19病原体検査の指針(第1版) https://www.mhlw.go.jp/content/000678571.pdf 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」及び鼻腔検体採取における留意点等について https://www.mhlw.go.jp/content/000678570.pdf 一般社団法人日本感染症学会

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

眼科感染症の感染管理 [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

おひさしぶりです。


新型コロナウイルス感染症がここまで大変なことになるとは、夢にも思いませんでした。


このコロナ禍において、標準予防策の素晴らしさをつくづくかみしめております。


さて、感染症は新型コロナウイルス感染症だけではありません。


一般社団法人感染防止教育センターでは、眼科感染症の感染管理として、症例の紹介も含めて実践的な内容で基礎的なeラーニングを開始しました。




できるだけ受講料のハードルを下げていますが、研修医の先生方にもよいコンテンツだと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

デジタルトランスフォーメーション [デジタル製品・ITサービス]

DX(デジタルトランスフォーメーション)が本格的になってきました。

Withコロナの時代、つい数ヶ月前まで、働き方改革をどうやって進めるか、腐心されていた世の中がうそのように、テレワークが進み、もはや不可逆的な働き方が実現されつつあります。

都心の高層マンションから職場に毎朝通う→同じ費用で郊外に広い庭付きの一軒家でテレワーク。ランチは家族と、ペットと一緒の時間も増え、子どもたちと庭で野菜づくりにいそしむ、なんていう夢だった時間が、コロナとともにやってきました。

インターネットの技術もインフラも飛躍的に進み、僕がSOHOでテレワークを始めた2007年からはいろいろな環境が大きく変わりました。

この時代、時間をいかに有効に使って自分の糧にするかが問われる時代でもあります。

僕は、大学院に行き、早稲田大学のエクステンションセンターに通い、アドビのスクールでイラストレーターを習得し、Webは独学で学び、ビデオ撮影と編集は数をこなして慣れ、写真は趣味の延長、マラソンは継続し通算100レースを超え、スキーは一級をとり、最近は山登りにはまっています。

人の可能性は大いにあります。既成概念に縛られず、自由に勉強しましょう。

何でもいいんです。極めなくたっていいんです。将来好きなことができるベース作りをしましょう。

素材はどこにでもあります。そういう時代なのです。時間は過ぎるのが早いので。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

日本ブラインドサッカー協会様より [サッカー]

【情報共有】日本ブラインドサッカー協会より
日本ブラインドサッカー協会では、この度の新型コロナウイルス感染症の拡大による社会情勢の変化を受け、
4月18日より「視覚障がい者ならどなたでも!おたすけ電話相談窓口」を設置しております。
本サービスは、弊会登録クラブチームの選手や関係者のみならず、日頃弊会とは接点のない、一般の視覚障がい者の方もご利用いただくことが出来ます。
<サービスの主旨>
本サービスは、お困りごとの意見を聞き、報告書等にまとめることを狙いとせず、あくまでも、ご相談者様が抱えている問題の解決を図ること、お役に立つことを目的としています。
解決方法やその他のサービスのご紹介も含め、原則72時間以内に回答させていただいております。
<サービスご利用対象者>
・視覚に障がいがある方
・視覚に障がいがある方のご家族(同居人)
<受付方法>
電話、Webフォーム、LINEのいずれかにてお受けしております。
その他、詳細は下記のページをご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

コロナ検査の使い分け [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

PCR検査以外に、いろいろな検査が出てきましたね。

これら、検査精度や特異度、採取方法、保存方法以外に、検査の目的がとても重要です。

テレビで検査をあおる人がいたりして、医療者が困惑していたりしています。

これから自動化も進み、POCTとしての抗原検査などもでてくるのでしょうね。

きちんと考え方の違いをまとめた資料が学会からでていますのでシェアしておきます。


新型コロナウイルス感染症に対する検査の考え方 ―遺伝子診断,抗体・抗原検査の特徴と使い分けー 




日本環境感染学会サイトより



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

Covid-19(SARS-Cov2)関連情報 [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

新型コロナウイルス感染症関連サイトの情報です。


自治体・医療機関向けの情報一覧(新型コロナウイルス感染症)厚生労働省



経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連



日本医師会 COVID-19有識者会議



【広告】テレワークや在宅時代の副業に↓↓↓



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

中小企業のBCP (business continuity plan) [感染制御]

2009-05-13 投稿の再投稿

新型インフルエンザが万が一流行するようなことがあった場合に備えて、企業は事業継続のための準備をしておく必要があります。



これは、インフルエンザなどの感染症に限らず、天災なども対象となります。



中小企業庁が、情報を集約したサイトをつくってくれていますのでご紹介します。



中小企業庁 http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/influenza/index.html



企業経営者の方々はご参考にされた上で、できることから計画的に進めて行かれることをおすすめします。



感染防止BASIC2020
qrcode1.gif
nice!(0)  コメント(0) 

医療現場における滅菌保証のガイドライン2015(アーカイブ記事) [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

2015-06-01投稿記事アーカイブより

医療現場における滅菌保証のガイドライン2015(Guideline for Sterility Assurance in Healthcare Settings)が公開されました。(2015/5/25)


一般社団法人日本医療機器学会  http://jsmi.gr.jp


自動洗浄装置について主に記載され、WD(Washer disinfector)に加え、超音波洗浄のバリデーション、AER(automated endscope reprocessor)、過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌、低温蒸気ホルムアルデヒド(LTSF:low temperature steam and formaldehyde)のバリデーションなどについて詳細に手順を推奨しています。


また、外部委託についても記載がありますので、是非ご一読ください。 【広告】 eラーニング 感染防止BASIC2020 qrcode1.gif


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

グラム染色e-learning(基礎編) [感染制御・感染管理・滅菌・医療安全]

eラーニングコンテンツのご紹介です。

グラム染色による感染症診断法(基礎編)2019年版
本講座は、微生物検査・感染症診断の重要な技術であるグラム染色について、初めて学ぶ方でも基礎から学べるように、イラストや写真・動画を駆使して、やさしくわかりやすく解説した、極めて実践的なeラーニングプログラムです。
迅速・手軽に行える微生物検査の方法として、グラム染色の重要性が改めて見直されています。グラム染色標本(直接塗抹標本)の中には、微生物以外にも細胞、組織など患者様の検体採取部位に関する豊富な情報が含まれており、治療抗菌薬の選択、効果確認にも有用であり、院内の感染管理にも役立てられます。

基礎編 2019年版の特長
標本の作製法や、グラム染色の手順、顕微鏡による観察の仕方を動画入りでわかりやすく解説する他、豊富な画像により主要な病原微生物の見え方や所見の採り方も丁寧に解説しています。感染管理の現場で役立つ、実践的な内容の講座です。

qrcode1.gif
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -